未来医学財団の設立目的

未来医学財団は、先端科学技術の研究開発と応用展開を行い、医療および美容産業への積極的な導入と普及を図ると共に、研究者の育成に努め、もって国民の健康増進および医学の進歩向上に寄与する主に公益的事業を目的としています。

未来医学財団の事業内容

未来医学財団は、次の事業内容を推進する。
  • 細胞再生技術の健康および美容に関する技術革新および技術提供
  • 統合医学に関する技術革新および未来医学の再建
  • 健康および美容製品の開発並びに支援
  • 学術会議および研究所などの設立並びに運営
  • 子供の健康予防医学のための研究調査および普及
  • 医療機関との連携事業
  • 学術団体への研究助成および支援事業
  • 病院および大学など教育機関の運営支援
  • 医療専門職のための高度教育および普及
  • 終末期に関する教育およびエンディングプランの支援事業
  • その他、財団の目的を達成するために必要な事業

役員等名簿

理事長 山野井 昇 新技術未来戦略会議議長
元東京大学大学院医学系研究科助手
生体物理医学者
医療アナリスト
日本マイナスイオン応用学会会長
一般社団法人日本未病システム学会理事
一般社団法人アジアアンチエイジング美容協会相談役
一般社団法人日中先進医療・美容協会特別顧問
一般社団法人日本ベトナム経済振興協会顧問
財団顧問 中島 正治 元厚生労働省健康局長
医学博士
財団顧問 林 謙治 国立保健医療科学院名誉院長
アジア太平洋公衆衛生学学術連合名誉理事長
日中医学協会理事
医学博士
財団顧問 今西 二郎 元京都府立医科大学 教授
明治国際医療大学 統合医療学 教授
付属統合医療センター長
医学博士

ロゴの意味

赤色は、西洋医学をベースにした患者の病を治癒するための高度な先進医療技術であり、医療や救護を象徴する十字と、手当を意味する包帯で表しています。また青色は、中国三千年の歴史から生み出された東洋医学を意味し、更に黄色は、病む患者のこころと身体を、愛情を持ってサポートする医師および医療スタッフ、家族や友人、同志の人間力を示しています。
なお青と黄色を囲む無限大マーク「∞」は、インフィニティ又はメビウスの環を表しています。環のどこをとってもオモテ(陽)とウラ(陰)の区別があるのに、たどってゆくと陽が陰になり、陰が陽になり、陰陽一体であり、さらに、永遠に繰り返される循環(死と再生など)を象徴しています。未来医学財団は、すべからくこの3つの要素の支え合いから育まれる活動を原点にしています。

財団の取引金融機関

三菱東京UFJ銀行 銀座支店 普通 口座番号0151380
一般財団法人 未来医学財団
振込入力方法 ザイ)ミライイガクザイダン